当ブログコンテンツ
 あおえ3を知らない人のための入門シリーズ
  知識ゼロから知るあおえ3
 初心者・下士官のためのベーシックシリーズ
  ESOデビュー講座 -オプション・農園爆破-
 ただいま改訂中につきリンクがないものがあります
  知識のいろは1 -内政-
  知識のいろは2 -探索者-
  知識のいろは3 -軍ユニット-
  知識のいろは4 -戦略-
  知識のいろは5 -ナンバリング・ホットキー-
   知識のいろは6 -軍操作-
   知識のいろは7 -建物-
   知識のいろは8 -時間・その他Tips-
  忙しい下士官の方向け簡易チェックリスト
 負け期の人のための敗因分析
  敗因分析リスト

尉官のためのアドバンスドシリーズ
 視点のいろは-とき・ところ・見る・考える-
 知識のいろはプラスワン1 -内政・建物-
 知識のいろはプラスワン2 -軍隊・海-
 知識のいろはプラスワン3 -スコア・原住民・Tips-
即市場・mod紹介・逆算・PDCA転用論など
 hatsuneコラム
 佐官になるために意識したこと
ドイツ戦略シリーズ
 佐官ドイツの使う戦略をまとめてみた
 将官ドイツの対文明戦略をまとめてみた

管理人のニコ生配信コミュニティ
 ふりぃしぇっど-せかんどしぃずん-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
●前線アグラからのマップ依存の内政拡大

一、特徴
 日本・オランダ・ポルトガルのような堅さを誇りつつ内政ブーストが可能な文明相手だと、相手TCまで押し上げた戦線の均衡を破ることは困難である。
 そうして持久戦に移行せざるを得ない状況になったときに、上記文明相手では本来持久戦勝負に得意なインドであっても負ける可能性がある。
 なぜなら、農民ブースト手段が、トルコ領事館の<農民4>しかないインドでは、盛り返すことが難しいからである。
 その対応のために、マップ依存の内政拡大手段によることになる。

二、フロー
 マップ依存の内政拡大手段により継続した2ブームを可能にし、持久戦を目指す。
 持久戦の準備に不満がなくなれば、カウンターユニットのグルカザンブでも勝負ができるようになる。

 農民を木で生産する分だけ、肉と金の確保ができること
 前線アグラによるマップ支配が天然資源をより確保できやすいこと
 おまけ農民が持久戦向きのボーナスであるということ
 これらからも即詰みラッシュよりは内政優位の負けない戦いを構築できると思われる。


三、手順例
(1)交易マップ
 10人進化、前線にアグラ建設、12人セポイによる農民削りハラス
 グルカ生産まわし、【木600】で交易所2つ建設、【木自動2段階目】、<市場>ブーム
 <騎兵小屋>建設、ザンブ生産まわし、交易所アップグレード、<トルコ領事館>建設<農民4>
 【金600】3狙い、勝利の塔進化
 カード【ロイヤルグリーンジャケット】でグルカ強化、進化木800でTC増設、アグラ強化テク
 <歩兵小屋>建設、グルカザンブをベテラン化、カード【ウルミン7】【マハウト2】or【ハウダー2】によるカウンター体制を目指す

(2)海マップ
 10人進化、前線にアグラ建設、12人セポイによる農民削りハラス
 グルカ生産まわし、【港カード】、漁船生産まわし、【木600】で<騎兵小屋>・<トルコ領事館>・<市場>ブーム
 【木自動2段階目】、ザンブ生産まわし、<トルコ農民4>

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://zipgo.blog129.fc2.com/tb.php/159-1cf0ab6e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。