当ブログコンテンツ
 あおえ3を知らない人のための入門シリーズ
  知識ゼロから知るあおえ3
 初心者・下士官のためのベーシックシリーズ
  ESOデビュー講座 -オプション・農園爆破-
 ただいま改訂中につきリンクがないものがあります
  知識のいろは1 -内政-
  知識のいろは2 -探索者-
  知識のいろは3 -軍ユニット-
  知識のいろは4 -戦略-
  知識のいろは5 -ナンバリング・ホットキー-
   知識のいろは6 -軍操作-
   知識のいろは7 -建物-
   知識のいろは8 -時間・その他Tips-
  忙しい下士官の方向け簡易チェックリスト
 負け期の人のための敗因分析
  敗因分析リスト

尉官のためのアドバンスドシリーズ
 視点のいろは-とき・ところ・見る・考える-
 知識のいろはプラスワン1 -内政・建物-
 知識のいろはプラスワン2 -軍隊・海-
 知識のいろはプラスワン3 -スコア・原住民・Tips-
即市場・mod紹介・逆算・PDCA転用論など
 hatsuneコラム
 佐官になるために意識したこと
ドイツ戦略シリーズ
 佐官ドイツの使う戦略をまとめてみた
 将官ドイツの対文明戦略をまとめてみた

管理人のニコ生配信コミュニティ
 ふりぃしぇっど-せかんどしぃずん-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうも。hatsune621です。

即市場って使えるべきですか?

配信をしているとよくこの質問をいただきます。


即市場とは、ゲーム開始直後に市場をたてて肉1段目の研究(猟犬研究)をいれる内政オーダです。


このオーダを使えるべきかどうか。

私は、下士官さんであれば即市場オーダを使えなくてもかまわないと思います。
なぜなら、
 ①そもそも即市場オーダは、将官の数秒を争うシビアな内政・軍バランスを補うところからはじまったオーダであること
 ②したがって、精度が低い下士官が簡単には真似できないこと
 ③それで進化時間が20秒以上遅れてしまうなどオーダががたがたになるなら意味がないこと
からです。

ただ、使えるかどうか と 知っているかどうか とは話が全く違います。

私は、即市場オーダを知っておくべきだと思います。
ゆくゆくは選択肢のひとつとするべきですし、早くから練習をする・モノにすることができれば良いとも思います。
それならば、知っておかないといけません。

というわけでご紹介。


1.即市場の利点(aoe3攻略本-市場の効率性-Bonengさん執筆)

①即猟犬研究の資源コストは、時代2に入ったころに投資コストを回収できるので、効率的である(計算式は割愛)。
②資源の売り買いにより、即民兵を出すことができる。
③資源の売り買いにより、柔軟に小屋の追加・軍の生産ができる。
④市場自体の面積が大きいため、壁や視界確保に使える。前哨の前に市場があるだけでも効果あり。



2.即市場オーダ総論

(1)各国の初期資源箱を把握する(あおえさん?各国データhttp://aoesan.iinaa.net/index.html

 まず各国の初期資源についてまとめてみます。

//////

※ランダムケース①とは、肉,木,金,肉木,肉金,木金 のいずれかのケース。

イギリス:肉200 木200 ランダムケース①
フランス:肉300 木100 ランダムケース①
スペイン:肉200 木100 ランダムケース①
ポルトガル:肉200 木100 ランダムケース①
オランダ肉0 木100 金400 ランダムケース①
ロシア:肉500 木100 ランダムケース①
ドイツ:肉200 木100 ランダムケース①
トルコ木300 ランダムケース①
アステカ:肉300 木200 ランダムケース①
イロコイ:肉200 木200 ランダムケース①
スー:肉300 木0 ランダムケース①
日本:肉400 木200 ランダムケース①
中国:肉200 木300 ヤギ1
インド:肉100 木300 ランダムケース①

//////


(2)市場を建てられるのか

スー以外は、初期資源に必ず木100があるため、市場を建てることはできそうです。
もっとも、各国の主流オーダを考えれば市場を建てている場合ではない文明は多そうです。

アステカは、ファイヤピットと家で木を消費するでしょう。
イロコイは、分かりません。
アジアは、別に考えなくていいでしょう。
というわけで西洋オンリーの考察になります(強引)

さらに検討していきましょう。
トルコは、交易と家で木を消費したほうがいい気がします。交易+市場は大資源マップ以外では欲張りすぎでしょう。
スペインは内政オーダの即市場より、速さ勝負の即3をするイメージ。セミるときは即市場してるスペイン佐官もいますね。
ロシアは5人進化・8人進化以外は確実にすぐ家枠が必要になります。市場とか建ててる暇はあるんでしょうか。分かりません。

もちろん、大資源マップだとこれら除外文明も当然建てることができたりします。

残ったのは、イギリス・フランス・ポルトガル・オランダ・ドイツになります。


(3)即市場オーダ総論

さて、ゲームが開始したら、すぐ初期資源で市場を建てます。
木50or金50を回収し、猟犬研究を入れます。
(フランスはクルールさんの資源収集能力が普通の農民より25%高いため、猟犬研究は容易にできるでしょう)

このオーダの問題は、その後の家枠分・木100をどう捻出するかにあります。
猟犬研究後の、残りの資源及び財宝バランスで考えましょう。
この判断をあらかじめ計算できるかどうかがポイントです。

①猟犬研究後にも、木材が残っている場合or木材財宝が目の前にある場合
 木材財宝+自力伐採で木100を回収する。

②猟犬研究後にも、金が残っている場合or金財宝が目の前にある場合
 金財宝+自力採掘で金125を回収し、市場で木100を買う。

この動きを、瞬時に判断できることが大切です。
このマップは木財宝が多いのか、金なのかなども知っておくと判断材料になるでしょう。

③猟犬研究後にも、木も金も0かつ周りに木・金財宝がない場合
 ア木100を回収するには農民1人換算で200秒(クルール160秒)、金125を回収するには農民1人で208秒(クルール167秒)かかります。
  この8秒(クルール7秒)をどうみるかです。直接回収なのか、市場で売るのか。

 イすぐに建てないと農民が止まりそうな予感がするとき
  肉を売ると金が75手に入ります。…あとは分かるな?です。
  自力で金を50回収して木を買うしかないでしょう。
  もちろんこれで時代進化は遅れます
  即市場が無理気味だったor練度不足だと反省しましょう。

農民生産を止めず、無駄なく、家枠を20にするのは簡単に思えて実は難しいです。
市場建築、猟犬研究、家建築……この一連一体の流れを考えていくことが大切です。



3.即市場オーダ各論

というわけで、即市場オーダをざっくりと見ました。
もっとも、具体的に想像できていない人のために、私のメイン文明であるドイツを具体的に数値付きで見てみましょう。

いちいち注意書きすることでもありませんが、あくまで一例としてお考え下さい

(1)ドイツ

ドイツの基本初期資源は、
 肉200 木100 +ランダムケース100
です。

各論らしく、ランダムケースの結果別にオーダーを詳細にみてみましょう。

①肉200木200の場合
 初期箱回収したらすぐ市場建築。(木100・金0)
 馬車農民2人くらいで50まで金とり。初期財宝が金だったらベスト。(木100・金50)
 金50たまったら猟犬研究。その後、馬車農民1人を木にして肉回収。(木50・金0)
 農民予約が10人になっても、家代たまっていないなら木の伐採人数を増やしましょう。
 木が100たまったらすぐ家建築。急がないと農民が止まります。
 そして17人進化。
 財宝に恵まれると進化時間も遅れません。

②肉200木100金100の場合
 初期箱回収したらすぐ市場建築。(木0・金100)
 そしてここで分岐。
 (a)初期財宝が金だった場合
  財宝分を足して金175になるまで金を取ります。(木0・金175)
  その金で木を買う。(木100・金50)
  猟犬研究。(木50・金0)
 (b)初期財宝が金以外だった場合
  市場で肉を売り木を買います。(木0・金175)→(木100・金50)
  猟犬研究。(木50・金0)
 猟犬研究入ったら家代分の木100をとって17人進化。
 進化は10秒前後遅れます。

③肉300木100の場合
 即市場はオススメできません。
 初期視界に木90財宝があればワンチャン?


こんな感じ。
フランス・ポルトガルもやるならこんな感じではないでしょうか。
え?フランスのしっかりしたオーダが欲しい?
私、フランス使いじゃないので……これで勘弁してください。

AJCフランスTips -1の時代で市場研究-
http://tournament.jpn.org/modules/xpwiki/76.html

こちらのフランスの項をご覧下さい。
また、リプレイも充実しております。

フランスリプレイ置き場(執筆:shmrasさん)
http://aoe3.jpcommunity.com/aoe3/community/modules/d3blog/details.php?bid=19&cid=1

即市場ではじめているリプレイが後半にありますね。完璧です。素晴らしい。

もっとも、特殊事情のあるイギリスとオランダはこうはいきません。
というわけで特別に、具体的にみてみましょう。


(2)イギリス(イギリス准将ben9さんが和心BBSに書いてた書き込みから引用)

特殊事情
・マナーハウスの建築コストが木135
・マナーハウスの建築時間が20秒(ソース:こうえきいのちhttp://aoe3.jpcommunity.com/koueki/tad102/e-0-1-jp.html#unitbuilding)なお、普通の家は10秒。

はい。
マナーハウスのコストと建築時間が重いため、多くの場合、先に家枠を確保することが重要になります。


イギリスの基本初期資源は、
 肉200 木200 +ランダムケース100
です。

①肉200木300の場合
 まずマナーハウスを2軒建てる。(木30・金0)
 その後、木120と金50採集し、市場建築。(木150・金50)→(木50・金50)
 猟犬研究。(木0・金0)

②肉200木200金100の場合
 まず市場を建てる。(木100・金100)
 金25を採集し木を購入。(木100・金125)→(木200・金0)
 マナーハウス建築し、そのまま金50を採取。(木65・金0)→(木65・金50)
 猟犬研究。(木15・金0)

③肉300木200の場合
 まずマナーハウスを建てる。(木65・金0)
 木85金50採集する。(木150・金50)
 市場建築、猟犬研究。(木0・金0)

単純に考えると、
①の回収資源が多すぎるから即市場に向かないのではないかと思われます。
しかし、イギリスはマナーハウスを1軒追加することで農民1人が追加されます。
その効果でそれほど進化は遅れない、とのこと。
③も初期箱肉100分が効いて、進化速度はそれほど遅れない、とのこと。


(3)オランダ

特殊事情
・農民を金で生産する
・農民の金を掘る速度が他国より15%速い(0.69/秒)。

はい。もっと特殊なオランダちゃんです。
あんまり即市場しているオランダのイメージがないんですが、できないことはないようです。
農民生産のために、金を最初から採るため、数値が動いてしまってよく分からなくなります。
最初から金採掘スピードが速いため、金125の回収が農民1人換算で181秒です(普通の農民より27秒も速い!)。
また金100の回収は、農民4人だと36秒、5人だと28秒です。なお、農民1人の生産時間が25秒です。


オランダの基本初期資源は、
 木100 金400 +ランダムケース100
です。

①木200金400の場合
 初期農民に肉2人、金4人に割り振り。生産農民は金鉱に。
 農民生産キューを2入れ、市場建築。(木100・金200)
 猟犬研究。(木50・金150)
 金を売って家を建築。(木50・金25)

②木100金500の場合
 初期農民に肉2人、金4人に割り振り。生産農民は金鉱に。
 農民生産キューを2入れ、市場建築。(木0・金300)
 金を売って猟犬研究。(木50・金125)
 木材財宝がないなら、自力伐採orさらに金を売って家を建築するしかない。

③肉100木100金400の場合
 分からん。やらなくていいんじゃないかな?

理論値ではこうなります。
農民生産キューを2入れることが重要です。
農民生産時間は25秒のため、50秒のうちに追加農民生産分の金100を採取できればいいわけです。
その後の農民連続生産のことも考えて、金採取は4人割り振り、生産農民もとりあえず金にしましょう。
あとは逐次肉に移動。

即市場オーダについては以上になりますが、最後にひとつだけ。


4.いわゆる即市場害悪説

ここまで即市場オーダを紹介しておいて、なんだこの項目?と思われるかもしれませんが
こういう説を提唱している方もいる ということを知ることは重要です。

正確な名称は「フランス即狩猟テク14人進化MusketeerHussarオーダー有害説」です。
詳細は、こちらの一番下の記事をご覧下さい。
→aoe3を将棋する(http://www4.atpages.jp/aoe3maru/sub3fre.html


しっかりと自分で判断し、取捨選択をしてください。

以上、hatsune621でした。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://zipgo.blog129.fc2.com/tb.php/404-bda69082
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。