当ブログコンテンツ
 あおえ3を知らない人のための入門シリーズ
  知識ゼロから知るあおえ3
 初心者・下士官のためのベーシックシリーズ
  ESOデビュー講座 -オプション・農園爆破-
 ただいま改訂中につきリンクがないものがあります
  知識のいろは1 -内政-
  知識のいろは2 -探索者-
  知識のいろは3 -軍ユニット-
  知識のいろは4 -戦略-
  知識のいろは5 -ナンバリング・ホットキー-
   知識のいろは6 -軍操作-
   知識のいろは7 -建物-
   知識のいろは8 -時間・その他Tips-
  忙しい下士官の方向け簡易チェックリスト
 負け期の人のための敗因分析
  敗因分析リスト

尉官のためのアドバンスドシリーズ
 視点のいろは-とき・ところ・見る・考える-
 知識のいろはプラスワン1 -内政・建物-
 知識のいろはプラスワン2 -軍隊・海-
 知識のいろはプラスワン3 -スコア・原住民・Tips-
即市場・mod紹介・逆算・PDCA転用論など
 hatsuneコラム
 佐官になるために意識したこと
ドイツ戦略シリーズ
 佐官ドイツの使う戦略をまとめてみた
 将官ドイツの対文明戦略をまとめてみた

管理人のニコ生配信コミュニティ
 ふりぃしぇっど-せかんどしぃずん-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
知識のいろはその2は、探索者の紹介になります。


2.探索者のいろは

 さて、探索者の話をしていませんでした。

2-1.ゲームのキーパーソン:探索者

 探索者はこのゲームのキーパーソンです。
 西洋の場合、こいつがいないとTC増設もできません
 先住民の場合、オーラの使い方が重要になりますし、アジアの場合2人もいるんですよ!(中華は除く)

2-2.役割

 時代1の探索者は、マップの探索がメインです(斥候・使節・弟子もいますが)。
 その他に、財宝・家畜の収集だけでなく、2nd肉を探したり、相手前線や切られたカードをチェックしたり、交易所を建築したりと大忙し。
 やることはたくさんあります。ポイントは、動かし続けるということです。

 ここで探索者の役割の一つ財宝取りの動画を紹介しておきます。

○財宝取りの技術
(参考動画1:http://www.nicovideo.jp/watch/sm11622280)
(参考動画2:http://www.nicovideo.jp/watch/sm17022847)




・財宝の守護者は、カリブ吹矢兵など近接で殴るべきやつがいる
・変な財宝があるマップなどは覚えておきたい(モンゴルとか)


 その他、探索者は、交易所を建設したり、時代2以降は肉壁になったり、西洋の場合時代3はTCを増設したりできるキーパーソンです(2回目)。
 探索者の動かし方で階級がバレます。といっても過言ではないくらい、重要なことを覚えておきましょう。


2-3.偵察論

 少し応用編になりますが、ApriCotさんのブログが参考になります。
 各文明の探索者がどういうつもりで動くべきかというのを分かりやすくまとめてくれています。


・偵察のススメ
 (StepbyStep:http://aprincot.blog.fc2.com/blog-entry-34.html

 今回は短めですが、あぷりんブログが長いのでちょうどいいと思います。
 さて、次回からは軍の話にシフトしていきます。内政ができても、軍がいなけりゃ話になりません。効率化した内政を「どう軍転用するか」を考えましょう。
次回は、軍ユニットについて取り上げます。


/////

記事リンク
 ベーシックシリーズ

  初心者・下士官のための知識のいろは1 –内政-
  初心者・下士官のための知識のいろは2 -探索者-  ←今読んだのはこれ
  初心者・下士官のための知識のいろは3 –軍ユニット-
  初心者・下士官のための知識のいろは4 –戦略-
  初心者・下士官のための知識のいろは5 –ナンバリング・ホットキー-
  初心者・下士官のための知識のいろは6 –軍操作-
  初心者・下士官のための知識のいろは7 –建物-
  初心者・下士官のための知識のいろは8 -時間・その他Tips-

 アドバンスドシリーズ
  尉官のための知識のいろはプラスワン1-内政・建物-
  尉官のための知識のいろはプラスワン2-軍隊・海-
  尉官のための知識のいろはプラスワン3-スコア・原住民・Tips-
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://zipgo.blog129.fc2.com/tb.php/430-9a1dce14
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。